歯医者で褒められる歯にするため控えるべき食べ物とは

歯医者で褒められるような美しい歯を実現していくためには、食べ物についても工夫していくことが大切になります。
東京の喧騒溢れる街では仕事で忙しい方は歯のケアを怠る方が多いのが現実です。
毎日の丁寧なブラッシングも大切ですが、この歯磨きにも限度はありますから、やはり、食生活についても注意が欠かせません。
きれいな歯をいつまでも保つためにも、できれば控えたい食べ物や、食べ方について考えていきましょう。

まず、歯の大敵というと糖分の高い食べ物で、スイーツや砂糖を多く使うジュースは当然、虫歯を防ぐためにも避けたいものです。
虫歯になって神経が死んでしまうと、歯の色が悪くってしまいます。
たとえ神経を抜いてしっかりと治療しても、これは元には戻りませんから、美しい歯のためには虫歯予防と、万が一、虫歯になったら早期のケアが不可欠です。

ただし、虫歯にならなければ、後は注意は不要ということではありません。
歯に着色しやすい食べ物、飲み物を摂取する機会が多ければ、黄ばみや黒ずみの原因となってきます。
こういった着色汚れはステインと呼ばれ、歯の美観を大きく損ねかねませんから、しっかりと気をつけていきましょう。

ステインが付着しやすいものは、代表的なものでは紅茶やコーヒー、赤ワインになります。
これらにはタンニンなどの歯に付きやすい成分が含まれており、歯の汚れる原因としてはかなり有名です。
タンニンと言えば、昔の『お歯黒』にも使われていた成分ですから、歯を染色する力の強さが伺えるでしょう。
日常的に繰り返し摂取すると、かなりの汚れとして蓄積されてきます。

また、黄ばみの原因としては喫煙も挙げられます。
一日に何度も定期的に喫煙するわけですから、その分、頻繁にステインが蓄積されていくことになり、いわゆる『ヤニ』がこびりついたような、汚れた歯になってしまいます。
発がん性なども心配ですし、美しい歯を保つためには、禁煙を考えることも大切です。

これらのステインや虫歯を防いでいくためには、摂取する頻度を減らしていくことが大事ですが、フッ素によるコートを用いることでも、防いでいく効果が期待できます。
フッ素は汚れが付着しにくくなる他にも、歯の再石灰化を助け、虫歯に強くする効能もありますので、上手に活用していきましょう。
自宅でも簡単に施せますし、歯医者ではより強力なものが利用されます。

歯医者で褒められるような美しい歯を保つためには、日頃から気をつけて汚れの原因となる食べ物には注意が必要です。
そして、きちんとしたブラッシングと汚れに強いフッ素の活用して、しっかりと歯をケアして行くと良いでしょう。

はじめから自分自身の知識や実践だけでは歯のケアは難しいかもしれません。
なので、最初に歯医者でしっかりと歯のクリーニングや歯磨きなどの指導を受けるのも一つの手段でしょう。
そのあとのほうが歯のケアは効果的かもしれません。
まずは、その道のプロの意見を取り入れることも重要です。